厚生労働省は12日、新型コロナウイルス感染者の退院基準を、症状が軽くなっているかなくなっていれば、基本的に発症や検体の採取から10日後と変更した。従来の期間は14日間だった。宿泊施設や自宅で療養している場合も同じ。

 米疾病対策センター(CDC)や世界保健機関(WHO)が入院期間を10日にしたことを参考にした。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の無症状感染者で、検体採取から6日間、ウイルスが出ていたとの報告も考慮した。

 症状がある入院患者は、これに加えて症状が軽くなってから72時間たっている必要がある。