プロ野球巨人は12日、新型コロナウイルスに感染して東京都内の医療機関に入院していた坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が退院したと発表した。午後6時すぎに管轄の保健所から「厚生労働省の退院に関する新たな基準を満たした」との見解が示された。

 両選手は5月下旬に球団が独自に実施した抗体検査で抗体が検出され、6月2日のPCR検査で新型コロナの遺伝子量が微量ながらも陽性反応を示し、入院した。回復を確認するために受けたPCR検査で3日、5日、6日に陰性となり、退院時期を協議していた。今後は19日のセ、パ両リーグ開幕に向けて練習を再開する。