東京都で12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに25人報告されたことが関係者への取材で分かった。累計は5473人。

 都内の感染者数は3月下旬から急増し、4月中旬にピークに達した。5月下旬にかけ減少傾向だったが、同月25日の緊急事態宣言解除後に再び増加。都は34人に上った今月2日に感染拡大への警戒を呼び掛ける「東京アラート」を発令し、11日に解除した。