12日の東京株式市場は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行第2波が警戒され、日経平均株価(225種)は続落した。終値は前日比167円43銭安の2万2305円48銭で、1日以来の低水準。680円超下げて2万2000円を割り込む場面もあった。

 東京証券取引所第1部全体の時価総額は約593兆円となり、前週に回復していた節目の600兆円を下回った。東証株価指数(TOPIX)は4日続落し、18・24ポイント安の1570・68。出来高は約19億400万株。

 新型コロナの米累計感染者数が200万人を超え、11日の米ダウ工業株30種平均終値は1861ドル下落した。