梶山弘志経済産業相は12日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた観光喚起策「Go To キャンペーン」を巡り、最大約3千億円と見積もられている事務委託費への批判を受けた見直しに関し、委託費の圧縮見通しが現段階では立っていないとの認識を示した。「安くなるか、高くなるかは結果を見なければ何とも言えない」と述べた。質疑後、新型コロナ対策の2020年度第2次補正予算案は可決され、午後の参院本会議で可決、成立する見通しだ。

 2次補正予算案の一般会計歳出総額は31兆9114億円で補正予算では過去最大となった。