【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は11日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業規制について、州内10地域のうち人口密度が低い北部などの5地域が12日に緩和の第3段階に入ると明らかにした。これまで配達と持ち帰りのみだったレストランで店内飲食が可能になる。

 店内の収容客数を50%以下に制限した上で、テーブル間を6フィート(約1・8メートル)離し、店員はマスクを着用することなどが義務付けられる。ネイルサロンやマッサージも条件付きで営業可能になるほか、公共のプールも各自治体の判断で営業再開することを許可した。