【パリ共同】ロシアの組織的ドーピング隠蔽疑惑で、収賄罪などで起訴されたセネガル人の前世界陸連会長ラミン・ディアク被告(87)は11日、パリの裁判所で開かれた公判の被告人質問で、ロシアのスポンサーを維持するため、ロシア人選手の処分に時間をかけたと関与を一部認める一方、収賄の罪状は否定した。

 被告は「全ては国際陸連(現世界陸連)の財務の健全性を保つためだった」と主張した。

 被告は、ドーピング隠蔽で世界選手権などの大会出場を可能にした見返りに、ロシアの選手らに計345万ユーロ(約4億2千万円)を要求もしくは受け取ったなどとして起訴された。