【ロサンゼルス共同】新型コロナウイルス感染拡大の影響で休止していた米男子ゴルフツアーが11日、テキサス州フォートワースのコロニアルCCを会場とするチャールズシュワブ・チャレンジで3カ月ぶりに再開した。世界ランキング1位のロリー・マキロイ(英国)らが参加。松山英樹ら日本勢やタイガー・ウッズ(米国)は出場しない。

 3月12日、プレーヤーズ選手権が第1日の競技後に打ち切られて以来の、世界最高峰ツアーのラウンド。PCR検査、検温などを義務づけられた選手たちは、観客のいないコースへボールを飛ばした。