横浜地検は11日、横浜市神奈川区の自宅マンションで父親(47)を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された少年(16)の刑事責任能力を調べるため、横浜家裁に鑑定留置を請求し、認められたと明らかにした。期間は9月14日まで。

 少年は5月16日ごろ、父親の頭を刃物のような物で数回刺すなどして殺害した疑いで、同25日に逮捕された。神奈川県警によると、「父親から暴力を受けていた」と供述している。

 以前住んでいた相模原市の児童相談所によると、昨年11月に少年を一時保護した際、父親は面談で「スマートフォンの角で頭を軽くたたいた」と認めたが、そのほかの暴力は否定していた。