【ベルリン共同】サッカーのドイツ・カップは10日、ミュンヘンで準決勝の1試合が行われ、鎌田大地と長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトは1―2でバイエルン・ミュンヘンに敗れ、決勝進出はならなかった。鎌田は0―1の後半21分から出場して3分後の味方のゴールに絡んだが、チームはその後に勝ち越された。長谷部は出場機会がなかった。

 Bミュンヘンは7月4日の決勝でレーバークーゼンと対戦する。