財務省と内閣府が11日発表した4~6月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がマイナス47・6となった。リーマン・ショック後の2009年1~3月期(マイナス51・3)以来、11年3カ月ぶりの低水準。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言などの影響で、企業心理が悪化した。マイナスは3四半期連続。

 調査時点は5月15日で、約1万社が回答した。

 製造業はマイナス52・3、非製造業はマイナス45・3だった。

 見通しは7~9月期がマイナス6・6、10~12月期がプラス2・3となった。