【ワシントン共同】米国務省は10日、世界の信教の自由に関する2019年版報告書を発表した。ポンペオ国務長官は記者会見で、中国新疆ウイグル自治区で暮らすイスラム教徒の少数民族ウイグル族などへの対応を挙げて「中国では全ての宗教に対する政府主導の弾圧が激しくなっている」と強く批判した。

 報告書は17年以降、ウイグル族など100万人以上の人々が収容施設に入れられて、拷問されたり強制労働をさせられたりしているとの見方を明記。イスラム教に加え、キリスト教や仏教などの宗教施設が破壊されたと指摘した。

 ポンペオ氏は「私たちは信教の自由を擁護する」と対決姿勢をにじませた。