新型コロナウイルスの影響で中止が決まった全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)の代わりに、主催の高知県などはウェブサイト上で8月に代替イベントを開くことを決定し、10日に作品テーマを「新しすぎる生活様式」と発表した。

 まんが甲子園は、国内外の高校生がテーマに沿った漫画を描き、日本一を競う。1992年から始まり、事前審査を勝ち抜いた生徒らが毎年、夏に高知市に集まって開催されてきた。今年は初の中止が決まっていた。

 県によると、代替イベントでは個人または数人のチームでテーマに沿って描いた1枚の作品を郵送などで受け付ける。サイトで応募作品を公開する。