【サンパウロ共同】ブラジル保健省が新型コロナウイルスの感染拡大状況の詳細な統計の発表を中止し国内外から批判されていた問題で、同省ホームページが9日、感染・死者数の累計や増加の推移を示すグラフなどの表示を再開した。「実態隠し」との非難が噴出していたほか、最高裁も8日に従来の発表方法に戻すよう保健省に命じる決定をしていた。

 保健省は死者数がイタリアを抜いて世界3番目になった翌日の今月5日から突然、感染者や死者の数を累計ではなく過去24時間の増加分に限った発表に切り替えた。ホームページからは、グラフなどの詳細データが全て削除されていた。