【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反落し、前日比300・14ドル安の2万7272・30ドルで取引を終えた。連日の上昇を受けて利益確定の売りが優勢となった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が9~10日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑も、下げにつながった。

 一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は29・00ポイント高の9953・75。一時、節目の1万ポイントを超えた。