北海道函館市にある築100年を超える洋風建築「旧小林写真館」が9日、閉館した。

 写真館は長らく空き家となっていたが2008年、地元の写真家谷杉アキラさん(52)が函館市住宅都市施設公社の利活用事業に応募。翌年に建物を修復後、写真館として復活させた。モスグリーンの壁と赤い屋根が特徴のレトロな木造2階建ては観光客の人気を集めた。

 この日の夕暮れ、写真館の明かりがそっと落とされた。玄関前のスクリーンには写真館で撮影した約300組のカップルの写真が投影された。

 谷杉さんは「撮影された皆さんが最後にここに来られなくても、私や写真館との絆は消えません」と話した。