神奈川県では9日、新型コロナウイルスに感染していた90代女性が死亡し、新たに神奈川県警の警察官ら男女7人の感染が判明した。また、横浜市は感染が確認されていた80代女性がPCR検査で2度陰性の結果が出た後、5日に再び陽性となったと明らかにした。

 川崎市によると、死亡した90代女性は、患者や看護師ら計19人に感染が広がっている川崎協同病院の入院患者。

 横浜市では20~60代の男女計7人の感染が分かった。いずれも軽症。市と県警によると、伊勢佐木署の30代男性巡査部長や「聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院」の20代女性看護師が陽性となった。