大阪府は9日、20代から90代の男女16人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。死者はいなかった。府内の検査で判明した感染者は1732人となった。休業要請などの解除に向けて府が8日に運用を始めた現状評価の独自基準(大阪モデル)を2日連続でクリアした。

 大阪モデルは(1)感染経路不明が10人未満(2)陽性率7%未満(3)重症患者用の病床使用率が60%未満―の三つの基準((1)(2)は直近7日間の平均値)がある。7日連続で満たされれば段階的に休業要請などを解除する予定。9日は(1)3・86人(2)2・6%(3)29・8%―だった。