東京都御蔵島村は9日、村議会の広瀬鹿雄議長(78)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。東京の島しょ部での感染確認は初めて。広瀬久雄村長(72)と栗本吉一副村長(64)が濃厚接触者に当たる疑いがあり、体調に異常はないものの自宅で待機している。

 御蔵島は東京都心から南に約200キロ。広瀬議長は都内の医療機関に搬送され、肺炎と診断された。感染経路は不明という。都は村役場の業務を支援するため職員2人を派遣した。

 広瀬村長は「現在、来島自粛をお願いしているが、感染収束後には多くの観光客に来島してもらい、にぎわいを取り戻したい」とのコメントを出した。