広島県の湯崎英彦知事は9日、新型コロナウイルスの県内の新規感染者数が減少している状況などを受け、映画館や博物館、自動車教習所など一部の事業者に対する休業要請を11日から解除すると発表した。

 人を密集させないなど、感染防止対策の継続が条件。居酒屋を含めた飲食店については、現状の午前5時~午後8時の営業時間を午後9時までとする。

 湯崎知事は「まだ完全に安心できるという状況ではなく、ここで緩んでしまうと感染が拡大する」と強調。全面的な解除は6月1日を目指すとの考えも示した。

 県は5日、政府の緊急事態宣言延長に伴って事業者への休業要請を31日まで延長していた。