新型コロナウイルスの感染拡大を受け、回覧板の使用を中止する自治体が相次いでいる。配布物の仕分けで人が集まるのを避けるため、文書の発送自体を取りやめる動きも。ただインターネットを使わない人を中心に身近な行政情報を入手できない心配もありそうだ。

 福井市は「多くの人が触れる」として回覧板に挟んで順次読んでもらう方式を当面中止することを決めた。最新の情報は市のホームページで確認するよう求めている。

 栃木県さくら市も回覧を中止。代わりに広報紙やホームページ、新聞折り込み、防災行政メール(登録制)で情報を提供することにしている。