新型コロナウイルスの感染が疑われる人が「帰国者・接触者相談センター」に相談する目安について、厚生労働省は8日、発熱やせきなどの軽い風邪症状が続く場合には、すぐ相談するように変更し、都道府県などに通知した。従来の「37・5度以上」という体温の目安は削除、「発熱が4日以上続く場合」との条件も外した。

 相談しても目安を満たしていないと判断されてPCR検査が受けられないとの批判や、軽い症状から急に悪化する症例が相次ぎ、早期の受診が重要と分かってきたことが変更の背景にある。

 37・5度以上でなくても発熱やせきなど軽い風邪の症状が続けば相談するよう勧めている。