【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩朝鮮労働党委員長が中国の習近平国家主席に「口頭親書」を送り、新型コロナウイルスに対する防疫活動で成果を収めていることを称賛したと報じた。

 金正恩氏の習氏へのメッセージが公になるのは国境封鎖に合わせて書簡を送って以来、約3カ月ぶり。北朝鮮は制裁に加え、貿易激減で経済難が深刻化しているとされる。後ろ盾である中国からの支援も念頭に、習氏との親密な関係を維持する狙いがありそうだ。

 親書は、習氏がコロナ対策で「確固たる勝機」をつかみ、成果を上げているとし「自分のことのようにうれしく思う」と強調した。