新型コロナウイルスの感染拡大防止のために休止していた各地の美術館や動物園などが7日、営業を再開した。百貨店の一部でも約1カ月ぶりに食品売り場のみで営業を始める動きも出てきた。

 茨城県石岡市の動物公園「東筑波ユートピア」では、来場者がイノシシやヒツジなどの見物を楽しんだ。小学3年の娘と年長の息子を連れた同県潮来市の会社員土屋健士さん(43)は「家にこもりがちなので、久しぶりに体を動かせて子どもはうれしそう」と笑顔だった。

 約2週間ぶりに常設展のみ開館したのは、岡山県立美術館(岡山市)。同県備前市の男性会社員は「元気をもらった」と数日ぶりの外出を楽しんだ。