三菱重工業は7日、カナダ航空機大手ボンバルディアの小型旅客機事業の買収に伴い、2021年3月期連結決算で500億~700億円程度を減損処理すると発表した。買収は6月1日に完了する見通し。ボンバルディアが手掛ける小型旅客機「CRJシリーズ」の保守や顧客サポートなどを引き継ぐ。

 旅客機事業には、新型コロナウイルス感染拡大に伴う利用者減で逆風が吹いている。ただ将来的には市場拡大が見込まれ、成長に向けた基盤強化につなげたい考えだ。

 ボンバルディアとの契約では、三菱重工が現金5億5千万ドル(約580億円)を支払う。事業取得費用の大半を今回、減損処理することになる。