巨人の石川慎吾外野手が5日、川崎市のジャイアンツ球場で打撃練習に励んだ。自主練習期間を活用し、チームメートの丸佳浩外野手に助言を求めるなど貪欲に技術向上に取り組み「いろいろなことを吸収できるし、いろんな人の話を聞ける期間」と球団を通じてコメントした。

 東大阪大柏原高から2012年にドラフト3位で日本ハムに入団し、16年のシーズン後にトレードで加入。昨季は主に右の代打の切り札として55試合に出場し今季は定位置獲得を狙う。緊急事態宣言が延長され開幕が見通せないが「すごくいい練習ができている。決められた時間だが、裏方さんのおかげもあって充実している」と話した。