【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が4日、世界全体で350万人を超えた。3月26日に50万人を超えた後は、ほぼ1週間ごとに50万人が上積みされてきた。死者の8割以上を占め、被害が大きい欧米各国での検査拡充を反映している。

 死者は3月31日に4万人を上回ってからは1カ月間にわたり1~2日ごとに1万人以上増え続け、5月4日までに24万人超となった。死者が約6万7千人で世界最悪の被害を受けている米国では、ウイルス検査を700万件以上実施済みで、感染者も約115万人と最も多くなっている。