【ロサンゼルス共同】米カリフォルニア州サンフランシスコの観光名所、フィッシャーマンズワーフで23日早朝(日本時間同日夜)、火災が発生し、倉庫などを焼失した。近くには第2次大戦時に活躍した輸送船「ジェレマイア・オブライエン」が停泊しているが、消防隊が延焼を食い止めた。米メディアが伝えた。

 当局が出火原因を詳しく調べている。火災は午前4時ごろ発生。消防隊約150人と消防車両、消防艇が出動し、午前10時までに鎮圧状態となった。

 ジェレマイア・オブライエンは1943年に就役。大戦中、英仏海峡間で人員や物資を輸送してノルマンディー上陸作戦を支援した。