巨人の陽岱鋼外野手が23日、東京ドームで打撃練習を行い、逆方向へ鋭い打球を放つなど好調ぶりを示した。「動けています。ドームで打つと自然と力が入ってしまう」と球団広報を通じてコメントした。

 昨年は丸佳浩外野手の加入もあり、代打などで110試合の出場にとどまった。定位置獲得のため今季は本職の外野だけでなく一塁にも挑戦。キャンプではファーストミットを手に守備練習に取り組んだが、オープン戦では4試合で10打席無安打に終わった。開幕が延期になった期間を利用して調子を上げ「体と相談して、さらに状態を上げられるように調整する」とアピールしている。