オリックスの先発候補のK―鈴木投手は実戦登板へ気合十分だ。23日、京セラドーム大阪での練習後にオンライン取材に応じ、25日から行われる紅白戦に向けて「早く投げたい。球が強くなっている実感がある」と意気込んだ。

 昨季はプロ初勝利を含む4勝を挙げ、飛躍を期す3年目の右腕投手。今春のキャンプから不調が続いたが、公式戦開幕の延期は「自分を見つめ直すいい機会になった」とプラスに働いたようだ。

 連日、遠投を取り入れるなどして投球フォームや腕の振りの修正に成功。先発ローテーション入りへ「やってきたことをやれば大丈夫」と自信を口にした。