奈良県五條市の介護施設職員寺西孝行さん(32)方で一家とみられる5人の遺体が見つかった火災で、県警は22日、5人が見つかった2階の寝室から油の反応が検出されたと明らかにした。近くにライターやポリタンクの一部があったことも判明。県警は、放火による無理心中の可能性があるとみて捜査している。

 県警によると、油の反応は寝室の床から検出された。種類は不明。ベッドの上でポリタンクの底の一部が見つかり、ふたとライターが床に落ちていた。1階や車の中からノートやメモが見つかったが、遺書らしきものはなかった。

 出火当時、1階部分は施錠され、侵入の形跡などは確認されていない。