広島は22日、新型コロナウイルス感染拡大に対応する人たちに感謝を示そうと、練習を行ったマツダスタジアムで正午に合わせてナインが約1分間、拍手をした。毎週金曜日の正午に拍手を送る取り組み「フライデーオベーション」に賛同した。

 佐々岡真司監督は「一日でも早く通常の生活に戻ることを祈り、われわれカープもできることを精いっぱいやって準備したい」と語った。