ラグビーの日本代表歴代最多キャップ98を持ち、現役引退を発表した42歳のロック大野均(東芝)が22日、オンラインで記者会見し「昨年のW杯での日本代表の躍進、東芝の若い選手の台頭を頼もしく感じ、これ以上選手としてやり残したことはないと思った」と心境を語った。

 「灰になってもまだ燃える」を信条にしてきたが、1年ほど前から両膝の痛みに悩まされ「回復が見られなかった。ここが潮時かなと感じた」と決断に至った理由を説明。印象に残る試合には、13年にウェールズから初勝利した試合を挙げて「04年に100点近い差で負けた相手に勝てるとは思ってもいなかった」と振り返った。