「総理として当然責任があると考えている。ご批判は真摯に受け止めたい」。安倍晋三首相は21日午後、黒川弘務東京高検検事長の処分と辞職について森雅子法相から報告を受けた後、官邸で取材に応じた。硬い表情で自身の責任を認める一方、黒川氏の定年延長を閣議決定したことは「厳正なプロセスを経て請議がなされたと思っている」として適正さを強調した。

 今国会での成立を断念した検察庁法改正案について、取り下げる考えはないかと問われたが「国民の皆さまの意見に耳を傾けることが不可欠。しっかり検討していく必要があると思っている」と述べるにとどめた。