政府は近畿3府県で新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の解除を決めた。今回解除を見送られた首都圏も含めて小売店では営業再開の動きが広がってきた。製造業では感染防止の取り組みを継続するため、経団連の示した指針に沿って週休3日制を導入する企業も出始めた。

 そごう・西武は21日、東京、埼玉、千葉、神奈川の8店舗の生活必需品売り場を23日から再開すると発表した。高島屋も首都圏の生活必需品の売り場を既に再開している。吉野家は近畿3府県で、店内飲食できる時間帯を16日から午後10時までに延長した。