日本チェーンストア協会が21日発表した4月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比4・5%減となり、3カ月ぶりに前年実績を下回った。食料品は3月に続き好調だったものの、政府の緊急事態宣言を受けて一部の企業で衣料品や家具の販売フロアを閉めたことなどが響いた。

 商品ごとの売上高をみると、食料品は9・5%増加。一方で衣料品は53・7%減、住宅関連品は14・2%減と苦戦した。

 新店を含めた全店ベースの売上高は1兆162億円だった。