全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は20日、コロナ対策を巡って北村誠吾地方創生担当相とテレビ会談し、自治体向けの臨時交付金の総額を最低でも3兆円確保するよう求めた。飯泉氏は、交付金増額などを盛り込んだ知事会の緊急提言を報告した上で、深刻な状況にある地域経済を回復させる必要性を強調した。

 飯泉氏によると、北村氏は交付金増額について「しっかりと応えられるよう全力で取り組みたい」と述べたという。

 提言は、20年度第1次補正予算で1兆円を計上した臨時交付金のさらなる増額に向け、予備費の1兆5千億円を財源として活用することなどを提案。自治体への配分を急ぐよう求めた。