シャープは20日、ロボット型携帯端末「ロボホン」がホテルなどで接客するサービスを始めると発表した。従業員が遠隔地から客と会話できるように機能を拡充した。新型コロナウイルスの感染拡大で、なるべく人と接触せずに接客するよう求められていることに対応する。

 例えばホテルに利用客が来ると、無人フロントに設置したロボホンが「いらっしゃいませ」などと出迎える。従業員はロボホンのカメラを通じ、手元のスマートフォンで客の顔や音声を確認。スマホに「ご予約のお名前をお願いします」などと文字を入力すると、ロボホンが読み上げてくれる。