【ロンドン共同】英国が欧州連合(EU)を離脱したのに伴う英EU間の貿易協定交渉で、英政府は19日、EU側に提案済みの協定草案を公表した。その上で、英政府のフロスト首席交渉官はEU側による提案について「公平な自由貿易関係とは言えず、質の低い協定だ」と強く非難した。

 年末の交渉期限を見据え、英EUは6月までに期限延長の可否を判断することになっているが、意見の対立から交渉は足踏み状態が続く。英側は局面の打開を目指し、EU側に譲歩を迫った形だ。

 EU側は草案を3月に公表済み。バルニエ首席交渉官はツイッターで、6月上旬の次回交渉会合では「具体的な進展を」と訴えた。