日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は2日、政府が緊急事態宣言の延長を4日に決定する見通しであることを受け、同日にも夏場所(24日初日・両国国技館)の開催可否を最終判断する可能性を示した。

 芝田山広報部長は報道陣の電話取材に「月曜日(4日)に協会も何らかの動きがあると思う」と明言。理事らが集まっての会議や記者会見は行われない方向だが、八角理事長(元横綱北勝海)からの発表や談話が出る可能性はあるとした。同部長は夏場所について「いろいろ自粛してくださいということであれば、対応を考えなくてはいけない」と語った。