【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、前日からの下げ幅は一時200ドルを超えた。前日の急上昇を受け、利益確定売りが先行した。

 新型コロナウイルス感染症に伴う景気悪化への対応を巡り、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が政策を総動員する方針を改めて示したことを好感した買いも入った。