東京都は19日、新型コロナウイルス対策として、ひとり親家庭への食料提供支援や学生に対するオンラインでの就職相談などの事業に計17億円を計上する方針を決めた。同日午後に発表する補正予算案に盛り込む。

 ひとり親家庭支援の予算は14億円とし、8万世帯を対象と見込んでいる。学生や求職者への支援は3億円で、キャリアカウンセラーによるアルバイトや就職相談のほか、セミナーや企業説明会をオンラインで実施する費用に充てる。

 小池百合子知事は15日に補正予算案の総額を5800億円規模と説明。緊急事態宣言の延長に伴う中小事業者への協力金の追加支給分などが中心になる見通し。