【ロサンゼルス共同】米大リーグ、マーリンズが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で閉鎖していたフロリダ州ジュピターのキャンプ施設を19日から一部開放すると18日、AP通信が報じた。

 メジャー出場の前提となる40人枠の選手に限り個別で、マウンドからの投球とケージでの打撃を許可する。球団関係者とソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を保つことも条件。招待選手として今春のメジャーキャンプに参加していた加藤豪将内野手は40人枠に入っていない。

 大リーグは3月中旬に新型コロナでキャンプを中断。機構は7月上旬の開幕を目指し、選手会と協議を続けている。