【ベルリン共同】新型コロナウイルスの感染拡大による約2カ月間の中断が明けたサッカーのドイツ1部リーグで17日、8連覇を目指す首位バイエルン・ミュンヘンはウニオン・ベルリンを2―0で退け、再開初戦を白星で飾った。レバンドフスキとパバールが得点した。勝ち点を58に伸ばし、2位のドルトムントと同4差を堅持した。

 ケルン―マインツは2―2で引き分け。新型コロナの感染予防のため各試合とも無観客で行われた。大迫勇也のブレーメンは18日(日本時間19日)にレーバークーゼンと対戦する。