沖縄県の玉城デニー知事は15日の記者会見で、太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的な戦いが終わったとされる6月23日の「慰霊の日」に開催する沖縄全戦没者追悼式の規模を、大幅に縮小すると発表した。コロナ感染防止が理由で「心苦しいが、それぞれの場所で追悼し、平和を誓う日にしてほしい」と呼び掛けた。

 式典は県などが主催する。「参列者の健康、安全面を第一に考慮し、県内の招待者のみで実施する」と述べた。安倍晋三首相の招待は見送る方向だ。

 県内の児童・生徒による「平和の詩」は、臨時休校の影響で遅らせていた募集期間を前倒しし、例年通り朗読する方向で調整する。