森雅子法相は15日の閣議後記者会見で、出席を予定する午後の衆院内閣委員会で、検察官の定年延長を認める検察庁法改正案について「内容が三権分立に反せず適切なものであることが、国民に伝わるよう真摯に説明し答弁に臨みたい」と語った。

 政府、与党は、改正案を国家公務員法との「束ね法案」として提出し内閣委で審議。野党が森氏の出席を求めていたが、これまで拒否してきた。森氏は「(所管外の内閣委に出席するのは)異例の措置と聞いているが、国会から招きがあった場合には出席すると答えてきた通り、出席する」と強調した。