新型コロナウイルスの影響による休校の長期化で学習の遅れが深刻になっていることを受け、萩生田光一文部科学相は15日の記者会見で、予定していた学習内容を年度内に終えられない場合、「特例的に最終学年以外は、複数年度の教育課程の編成を認める」と述べた。学習内容を上の学年に繰り越し、遅れを解消する。文科省は15日午後、全国の都道府県教育委員会などに通知する。

 萩生田氏は年度内に指導を終えるよう最大限の努力をしてもらうのが原則と強調。一方で「夏休みをなくすなどして、授業を詰め込むのではなく、さまざまな行事を含め、幅広に子どもたちの教育を考えるのが大事だ」とも語った。