安倍晋三首相の指示を受け、政府は新型コロナウイルスの追加経済対策の取りまとめと、裏付けとなる2020年度第2次補正予算案の編成作業を加速させる。企業が業績悪化で従業員を休ませた場合に支給する雇用調整助成金の上限を日額1万5千円に増額。中小企業や個人事業主への家賃負担を補助するほか、地方への交付金も増額する。27日をめどに閣議決定し、6月17日が会期末の今国会中に成立させる。

 雇用調整助成金は、日額上限8330円から1万5千円に増額し、申請手続きも簡略化する。勤め先から休業手当が支払われない従業員を支援するため、現金を支給する新たな制度もつくる。