松山市の牧病院で関係者約20人の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、野志克仁市長は14日に記者会見を開き「院内感染が発生した」との見解を示した。感染者は精神科病棟に集中しており、職員や患者の家族約30人を対象に、接触状況や行動歴の調査を進めている。

 また市は、調査対象者に愛媛県立高校や松山市内の小中学校の関係者が複数含まれることも明らかにした。

 市によると、精神科病棟は一般外来と患者やスタッフの行き来は限られていた。牧病院は13日から外来診療を休止している。

 牧病院では12日に30代男性介護職員の感染が判明した。