東宝や劇団四季など主要な舞台主催団体やスタッフ会社など約40団体が14日、「緊急事態舞台芸術ネットワーク」の設立を発表した。新型コロナウイルス禍で他業種に先駆け自粛休業し、再開は最後になる懸念があり、支援策を利用しても「事業続行困難」と考える会社があるとするアンケート結果を公表した。

 ネットワークには東京芸術劇場などの公共劇場も参加している。

 アンケートに回答した主催団体16社のうち2社が中止や延期の損失額は30億円以上、3社が10億~30億円未満だった。

 照明などを担うスタッフ会社も、6社中3社が半年から1年以内に事業継続が困難になるなどとした。